スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

親子ちゃれんじ③淡路原人になろう~火遊びと狩りをしよう~

2019.02.20

今年度3回目となる親子ちゃれんじは「淡路原人になろう」ということで1日目は火おこし、2日目は吹矢と弓矢

をつくりました。

1日目の火おこしでは、たき火の基本として自分たちでカマドを使って火がつくれるように、マッチの使い方や薪

の組み方を習得しました。次はマッチ以外の道具(舞切り式火おこし器、メタルマッチ、虫眼鏡)を使って火を

おこしに親子でチャレンジしました。どの道具も初めはなかなか着火できずに親子で試行錯誤をしていました

が、時間をかけてコツをつかみ見事に着火することができました。また自分たちでつくったたき火で、焼きマ

シュマロとポップコーンをつくり、美味しいおやつタイムとなりました。

P2160055.JPG

P2160066.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目の吹矢と弓矢は、自分たちで竹を割ったり、節を抜いたりしてイチからつくりました。吹矢も弓矢も調整

し、的に向けて射ってみることを繰り返して、時間が経つにつれて、的に当たるようになっていきました。

P2170167.JPG

P2170175.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちで試行錯誤しながら火を育てたり、道具を作ったりした2日間は、子どもたちはもちろんですが、大人も

夢中になって取り組み楽しんだ2日間でした。ぜひ今回で得た技を使って、親子でキャンプや外遊びをする機会が

増えてくれれば嬉しいです。

#体験の風

(舞切り式で確実に火をおこせるようになったと思う)アケ&ナカちゃん&きゃあ

 

試してみようpart.2

2019.02.19

みなさん、こんにちは!

淡路青少年交流の家職員のたむたむです。

不定期掲載ですが、巷にあふれているアウトドアに関するテクニックやDIYを、アウトドア初心者の私たむたむが試しながら、みなさんに紹介していこうと思います。

 

久しぶりの投稿になりましたが、2回目のテーマは「着火剤」です!馴染みの無い方にはマニアックな内容かと思われますが、お付き合いください。

 

火おこしをするとき、いきなり大きな薪に火をつけようとしても上手くつきません。着火剤として小さい木や葉っぱなどを燃やし、徐々に太く大きな薪に火を移していくのがポイントです。

しかし、前日が雨で木や葉っぱが湿っていたり、ちょうどいい木や葉っぱが見つからなかったりすることがあります。

そんなときに活躍する日用品があるとの情報を聞きつけたので、実験してみることにしました。

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ目は「牛乳パック」です。牛乳パックは内側にパラフィンという蝋の一種が塗られていることが多く、火つきが良いようです。今回は使いやすいよう、細く切っています。

2つ目は「麻ひも」です。麻ひもは、そのままでも十分着火剤の役割を果たすのですが、今回は火つきの良さを考えて、少しほぐしてみました。

このようにほぐしておくと、火おこし器やメタルマッチを使った火おこしにも対応できます。

3つ目は意外な道具ですが「ガムテープ」です。粘着部が燃えやすいようです。使い終わったガムテープを想定して、くしゃくしゃに丸めています。

(もちろん古紙や古新聞も着火剤になりますが、使いすぎると大量の灰が舞うので、対象から外しています。)

 

火を使って煮炊きすることを考慮し、評価基準を「火持ちのよさ」「灰の舞い方」「においの少なさ」の3点にしました。

【実験開始!】

①牛乳パック

2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに火がつき、火持ちもまずまず。着火剤としては十分役割を果たしてくれています。

気になる灰もほとんど出ず、においもありません。なかなか優秀です。

 

②麻ひも

ほぐしていたこともあり、一瞬で火がつきました。火つきの良さはピカイチです!

しかしその後すぐに燃え尽きてしまい、写真を撮ることもできませんでした・・・。灰、においはほとんどありません。

 

③ガムテープ

3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻ひもほどではないにしろ、ガムテープもすぐに火がつきました。その後も粘り強く燃え続けます。

火持ちの良さは牛乳パックを上回っているような印象です。灰も出ず、においもありません。

 

【結果】

1.火持ち

ガムテープ>牛乳パック>麻ひも
 
2.灰の舞い方
大差なし(どれも溶けるような印象でした)
 
3.におい
大差なし(識別できず)
 
ということで、ガムテープが非常用の着火剤として優秀であることがわかりました。また、布テープと紙テープの両方で試しましたが、わずかながら布テープの方が火持ちが良かったように思いました。
ガムテープは本来の「くっつける」という能力を生かし、木や枯れ葉をまとめることで、より効果的な火おこしができそうです。
まだまだ可能性は十分に秘めています。
一方で、今回は気になりませんでしたが、ガムテープは、商品によって燃やした時ににおいが強いものもあるようです。
このあたりは気をつけなければいけませんね。
また、儚くも燃え尽きてしまった麻ひもですが、先述の通り、火おこし器やメタルマッチといった小さい火種を大きくするにはもってこいの着火剤です。
牛乳パックも切り方によっては、火持ちを良くすることも可能かと思われます。
 
淡路青少年交流の家では、野外炊飯キャンプファイアーなど、火を使った体験活動も行っています。
ガスやIHとは違った、火の暖かみに触れてみませんか。
 
※自治体によっては、たき火やキャンプファイアーを禁止しているところもあります。禁止されていないところでも、近隣住民の方の迷惑になる場合があります。
 また、直火禁止やごみの持ち帰りなど、ルールやマナーを守ってくださいね。
※火を使うときは、必ず大人と一緒にしましょう。
 
#体験の風
 
(火を見ると癒される)たむたむ&(今回の実験を手伝ってくれた)しげのぶ

 

「うみのようちえん」ポスター発表!

2019.02.14

三田市にある、「兵庫県立人と自然の博物館」のイベント「第14回 共生のひろば」に参加し、ポスター発表をしてきました。

この日は全国的に冷え込み、三田市も一面の雪景色でした。

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14回 共生のひろばでは、80を超える団体が地域の自然や環境、地域づくり等について研究発表する場で、毎年2月11日に開催されています。

私たち国立淡路青少年交流の家は、9月に実施した「うみのようちえん」について発表してきました。

お隣は、うずしおフェスティバルでお世話になった「NPO法人 人と自然の会」の野鳥についてのブースです。

DSC_0010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表を通して、交流の家の活動や淡路の豊かな自然を知ってもらい、多くの方に興味をもっていただきました。

特に、「うみのようちえん」を通して幼児に変化が見られたことに感心される方が多かったように思います。

改めて体験の大切さを感じていただいたのではないでしょうか。

DSC_0033.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流の家の発表を聞いて下さった方、素晴らしい機会を与えていただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

#体験の風

(しゃべりすぎて喉が枯れ気味の)たむたむ

 

「とくしま『体験の風をおこそう』フォーラム」を開催しました!

2019.02.11

2/11(月・祝)に昨年度に引き続き、徳島県立21世紀館で徳島県文化の森総合公園のウィンターフェスティバルと同時開催となる「とくしま『体験の風をおこそう』フォーラム」を開催しました!

「ゴジカル!」出演効果!?もあってか、昨年度同様、たくさんの方にご来場いただきました。

毎年開催している体験の風をおこそうフォーラムですが、このフォーラムは親子で楽しめるファミリーコンサートまなびのテーマパークの二本立ての体験型イベントです!

 

まずは、ファミリーコンサート

 

イベントホールにて、「うたとあそびのぶんちゃか座」さんによる

「おっちょこ魔法つかいと石の魔法」というファミリーコンサートを上演いただきました!

20190211_tokushimaforum1.JPG

20190211_tokushimaforum2.JPG

つぎは、まなびのテーマパーク

体験ブースとミニステージです。

 

ミーティングルームで行われた体験ブースでは、「大阪YMCA 徳島YMCA」さんによる身体を動かす楽しさやできる喜びが感じられるコーディネーション体操をしていただきました!

子どもたちが一生懸命になって取り組んでいる姿が印象的で、特にすだちくんとのPK対決では、たくさんの子どもたちがゴールーパーのすだちくんに挑んでいました。

 

20190211_tokushimaforum4.JPG

20190211_tokushimaforum3.JPG

 

ミニシアターで行われたミニステージでは、絵本の読み聞かせから驚きのパフォーマンスまで親子で楽しめるステージが繰り広げられました。

まずは、絵本専門士の立石有礎さんによる「絵本の読み聞かせ」!

子どもたちも一緒に参加しながら食い入るように絵本を見つめていました!

三部構成で展開されたミニステージでしたが、様々な絵本を読みきかせいただきました。

20190211_tokushimaforum7.JPG

20190211_tokushimaforum5.JPG

続いて、岸田典大さんによる「びっくり絵本パフォーマンス」!

20190211_tokushimaforum6.JPG

20190211_tokushimaforum9.JPG

絵本と音楽を融合させた圧巻のパフォーマンスに子どもたちは大盛り上がりでした!

保護者の方もワクワクしたのではないでしょうか!

 

 

最後は、来場の皆さんで「早寝早起き朝ごはん体操」!

今回は、ボランティアのお兄さん、お姉さんが子どもたちの前で元気に体操をしてくれました。

20190211_tokushimaforum8.JPG

 

今回のフォーラムは、大盛況のうちに終えることができました。

ご来場の皆さま、そしてご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

また次回お会いできる日を楽しみにしています。

 

#体験の風

 

これからが旬!春の磯で生き物観察~

2019.02.06

春の海、ひねもす のたり、のたりかな。

と与謝蕪村も思わず一句詠んでしまうような、2月の暖かく穏やかな日。

昼休みに施設横の吹上浜に行ってみました!

isokansatsu1.jpg

大潮の干潮なので、磯の生き物観察ができました。

ちょっと大きめ、ちょっと深めのタイドプールを覗きこむと・・・

isokansatsu2.jpg

いました!

魚が3匹隠れています。

isokansatsu3_20190206.jpg

しましま模様のハゼ3匹、イトヒキハゼかダテハゼでしょうか。

これからの季節、春の大潮は干満差が一年の中でも大きいので磯観察におススメです!

近隣のうずしおクルーズの旬も春ですが、当施設の周りの海でも潮の満ち引きを楽しんでみてくださいね^^

※南風が強い日は荒れがちなので注意!

(昼休みギリギリまで覗きこんでいた)しげのぶ

 

 

 

 

天保山マーケットプレースでブース出展してきました!!

2019.02.06

2月2日(土)、3日(日)と海遊館に隣接する天保山マーケットプレースでブース出展してきました。

 

今回の体験内容は

①シェルペインティング

②ストーンペインティング

③折り紙

の3つ。

 

海遊館のお隣ということで、海の生き物の作品を見本に作り、アピールです。

sutopeshell.JPG

origami.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると人が増え始め・・・・大盛況に!!

atumari.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日間とも、多くの来場者の方にお立ち寄りいただき、体験していただきました。

来場者には外国の方も多く、折り紙は大人気。

「これ持って帰っていいの?」「やったー!!」と、大喜びでした。

 

中には見本の折り紙をコンプリートする強者や

スタッフの絵心を見て何か感じたのか、見本を作ってくれる心優しい子どもも・・・。

 

たくさんの笑顔に囲まれたとっても充実した2日間になりました。

これからも、いろんな場所でブース出展を行い、“体験の風”を起こしていきたいと考えています!!

 

体験していただいた皆様、ご協力いただきました海遊館、マーケットプレースの皆様

本当にありがとうございました。

 

#体験の風

 

(外国語はしゃべれないけど意外になんとかなって安心している)やまちゃん&たむたむ

 

 

四国放送「ゴジカル!」に出演しました!!

2019.02.01

今日は、2月11日(月・祝)に徳島県立21世紀館で開催する

「とくしま『体験の風をおこそう』フォーラム」の宣伝のため、

四国放送「ゴジカル!」に告知出演してきましたよ~。

 

本フォーラムのメインであるファミリーコンサート、今年のテーマは「魔法使い」です!

私たちも魔法使いになって、告知してきましたよー!!

 

P2010002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とってもかわいいリポーターの瀬山瑞穂さん。

告知の最後には、フォーラムに来たくなる魔法を一緒にかけてくれましたよ。

「マジカル~◎マジカル~◎ゴジカル~☆」

 

P2010004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの子供たちが、魔法にかかって遊びに来てくれますように。

 

(最後に踏み出した一歩で足がつった)てらちゃん&おーぃえー

 


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.