スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

教員免許状更新講習を実施しました

2017.08.09

8月7日(月)~9日(水)の3日間、教員免許状更新講習を実施しました。

1日目 「子どもたちがわくわくする体験活動」では実際に体を動かして体験活動の面白さや意義深さを実感しました。

「学校に持ち帰ってすぐに使える。」と好評でした。

2日目 「体験活動の実際」では当所のカッター研修や環境教育プログラムを体験することで

体験活動のねらいや安全管理について学びました。自然と向き合う時間がもてたのではないでしょうか。

3日目 「教育の現状と課題について」、「体験活動の意義と学習指導要領における位置づけについて」では

現代の子どもたちをめぐる課題と体験活動を通して子どもたちにどのような力を身につけさせたいか、

どんな体験活動を行えばその力が身につくかについて具体的に考えました。

身体と頭を存分に使った3日間でした。

講習に参加された先生方、お疲れさまでした。

RIMG6654 (250x141).jpgRIMG6670 (250x141).jpg

RIMG6685 (250x141).jpgRIMG6727 (250x141).jpg

RIMG6691 (250x141).jpgRIMG6734 (250x141).jpg

RIMG6730 (250x141).jpgRIMG6744 (250x141).jpg

やまもと

# 体験の風

 

 

 

 

青少年のための科学の祭典 東はりま会場に行ってきました!

2017.08.06

加古川市にある兵庫県立東播磨生活創造センターで行われた

青少年のための科学の祭典 東はりま会場でブース出展してきました。

RIMG6550 (640x360).jpg

交流の家の出展はストーンペインティング。

三角形の石を見つけてはおにぎりばかりを描いている子どもに、

「いっぱいつくって弁当箱に詰めたら?」と言ったところ、

丸い石を見ては「ハンバーグににてる!」細い石を見ては「ソーセージがつくれる!」

とアイデアが爆発していました。

弁当の名前が「夏休みのお弁当~a la plage de Fukiage~」に決まったところで

残念ながらお母様が迎えに来られてしまいました。

今ごろ彼女は加古川の河川敷辺りで弁当の材料に見立てた石拾いをしているのでしょうか?

どこの小学校かは分かりませんが、9月1日には自作の弁当を工作として

提出してくれたらいいなあと思いました。

RIMG6541 (640x360).jpg

RIMG6557 (640x360).jpg

RIMG6560 (640x360).jpg

自分が小学校のときにこういうイベントがあったら、

自由研究や工作もそこまで悩まなかったと思うんですよね。

青少年のための科学の祭典は、まだ淡路会場、姫路会場、神戸会場で開催予定です。

お近くの会場にぜひ足を運んでみてください。

交流の家では地元淡路会場でまたブース出展する予定です。

淡路会場は8月19日(土)、20日(日)の2日間、

洲本市文化体育館で開催予定です。

お楽しみに!

 

きざきんぐ と あだち

体験の風


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695A FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.