スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

「トライやる・ウィーク」第4日目!

2014.05.29

トライやる4日目が終わりました。

午前は野外炊飯をしました。

20140529トライやる⑦.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーのご飯はちょっとかためだったけれど、おいしく食べられました。

午後はテントを立てました。

最初は全然分からなかったけれど、組み立てていくうちにだんだん分かってきて

テントを立てることが出来ました。

明日は最終日です。頑張ります。

 

「トライやる・ウィーク」第3日目!

2014.05.28

トライやる3日目です。

午前中、謎ときハイキングに行きました。

利用者の方に気を付けてもらいたいところを確認しながら歩きました。

 

午後はプールのシャワー室と研修室をそうじしました。利用者の方に気持ち良く使ってもらいたいです。

明日は野外炊飯を失敗せずに作りたいです。

20140528トライやる③.JPG20140528トライやる④.JPG

 

「トライやる・ウィーク」第2日目!

2014.05.28

今日でトライやる2日目です。

初めに食堂に行きました。何をするかなと思ったけど、

キャンプファイヤーに使うトーチ棒を作りました。

細長い棒にタオルを巻いて、針金で止めました。

2014527torai2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯は、食堂のバイキングでラーメンや唐揚げをお腹いっぱい食べました。

おいしかったです。

午後からはカッターの指導を見学しました。カッターを漕ぐところが見られなくて残念でした。

トライやるも残り3日。頑張って何事にも取り組んでいきます。

 

「トライやる・ウィーク」第1日目!

2014.05.26

「トライやる」で青少年交流の家に来ました。

南淡中学校の山西、伊吹、中野、藤本です。

 

初日は、午前中に自己しょうかいや講話、業務説明を受けました。

昼ご飯を食べた後、所内施設見学をしました。

 

残りの4日です。まずは挨拶ができるように頑張ります。

20140526トライやる①.JPG20140526トライやる②.JPG

 

交流の家の職員が交流の家のことをもっと知ろう!

2014.05.24

「利用者の方に、もっと気持ちよく施設を利用していただくために!!」

交流の家では、今こんな取り組みをしています。

 

交流の家の「いいところ」、「もっとこうしたらいいところ」を、職員一人ひとりが付箋に書いて意見を出し合う!

職員の数だけ、視点がある。他の職員の考えを知ることによって、自分が今まで気づいていなかったいいところ、見えていなかった改善点を共有できる。

20140524kaizenntenn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段どうしても改善点にばかり目が行きがちですが、私たちの施設の「よさ」も含めて、交流の家で働いている職員が、ほんとうの意味で交流の家をもっと知る!

 

「海が綺麗!」

「小さい子どもが走り回れる芝生の広場がある」

「400人も宿泊できる」

「研修室がたくさんある」などなど

 

利用者の皆様に、気持ちよく利用していただくために!

研修で充実した時間を過ごしていただくために!

 

今、全職員で頑張っています!!今後の交流の家の動きに、乞うご期待。

 

まーち w(>3<)w

 

【利用団体の様子】謎解きハイキング

2014.05.19

                                                            

2014519nazotoki1.JPG

 今日は,やや曇り空で蒸し暑いなかですが,中学生が所外に謎解きハイキングに出かけました。      

元気に雄大な吹上浜をスタート。

いくつかの謎をクリアして再び交流の家に戻ってきます。

                                                                                        

2014519nazotoki2.JPG

 

 

 

 

どうやら作戦会議のようです。

班で良い案は見つかったのでしょうか?

2014nazotoki3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな元気ゴールしてきました。

問題にあったゴミの計量に一喜一憂しています。

果たして結果は? 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          

 

みなさんもちょっとハイキングに出かけてみませんか?素敵な汗をかいてみてはどうでしょう

>>>詳しくはこちら

 

連日カッター研修してます。

2014.05.14

この日は中学校のカッター研修がありました。

艇庫でのレクチャーを受けたのちにカッターに乗り込んで研修を行いました。

 

P1080780.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し風がありましたが、各艇声を出して全員が協力して上手に艇を進めていました。

着岸もチームワークよくバッチリ決めてくれました。

 

小学校の自然学校も始まりました。これから来られる皆さん、楽しみにしておいてください。

 

 

最近、子どもたちの自然体験は増えている!?

2014.05.06

ゴールデンウィーク中に、自然の中で様々な活動をされた方も多かったかと思います。

近年、子どもたちの自然体験が減っていると言われていますが、実際にどうなのでしょうか?

平成26年3月に国立青少年教育振興機構青少年教育研究センターが「青少年の体験活動等に関する実態調査」 平成 24 年度調査報告書をまとめ、公表しています。

http://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/84/

その中で、「小中学生が『海や川で泳いだこと』などの自然体験をこれまでにしたことがある割合は、平成 10 年以来減少していたが、平成 21 年に比べ平成 24年は、増加傾向にある。」となっています。
最近、子どもたちの自然体験は増えてるんですね。
 
その報告書の最後に、千葉大学名誉教授・明石要一先生は、
「自然体験と生活体験では、二極化が始まっている。それを前提にして、それらはどのような関係を持っているだろうか。 
結論を先に言えば、両者は密接な結びつきを持っている。学年を問わず、領域を問わず自然体験をしている者ほど生活体験も多くしている。 
自然体験と生活体験のどちらが『先か』ははっきりしないが、とにかく『できる体験』から始めることが大切である。 」
と述べています。
 
 
国立淡路青少年交流の家でも、「体験の風をおこそう」運動の子ども体験遊びリンピックを実施したり、地域のイベントに体験ブースを出展するなど、子どもたちが気軽に自然体験、社会体験、生活体験などの体験活動が行えるように支援していきます。
 
「体験の風をおこそう」運動とは
政府インターネットテレビ 体験の風をおこそう~子どもの頃の体験は豊かな人生の基盤
 
よもぎだ

 

春本番

2014.05.01

淡路青少年交流の家では、広大な大海原でカッター研修を連日実施しています。

このカッター研修は、毎年多くの方が利用する当施設を代表するプログラムの一つでカッターとよばれる船舶を、8本の櫂(オール)を使い、乗員全員の力を合わせて漕ぎ進めていきます。

そしてこのカッター研修の本格的な実施とともに、春本番を迎え、連日多くの方々が利用する繁忙期へ突入していきます。

全職員力を力合わせて、利用団体の皆様にとって満足のいく研修が送れるよう支援してまいります。

 

NK8_6036.JPG


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.