スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

12月29日~1月3日まで休館いたします。

2014.12.28

平成26年も残りわずかです。

当所は12月29日から1月3日まで休館いたします。

この1年間、当所をご利用いただいたみなさま、地域のみなさま、ホームページ・facebookにアクセスしていただいたみなさまをはじめ、多くの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年がみなさまにとってすばらしい1年になりますように。

 

国立淡路青少年交流の家職員一同

26matome.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国防災ジュニアリーダー育成合宿3日目

2014.12.27

 3日目最後のワークショップは「子どもへの防災教育」です。

 自宅の間取りを書き出し、地震が起きた際に考えられる問題点を考えたり、揺れに強い構造体を紙パックを使い検証するなど、身近な環境から防災について学びました。家の間取りの中に潜む危険に気づき考え込む参加者や、紙パックを使った実験では、補強の仕方で強い構造体に変わる事を学び「なるほど!」と納得する参加者もいました。

 

20141227bousai 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉会式では参加社の代表から

「3日間の合宿で新しい防災に関する知識を学びました。また、メンバーシップの大切さに気づきました。今後、学校や地域で学んだことを広めていきたいと思います。災害が起こったとき、力が発揮できるよう今後何ができるかこれからも考えていきたい。」と、力強い感想を聞くことができました。いつ起こるかわからない、しかし必ず起こると言われる地震災害の時、参加した皆さんがリーダーとして地域のために活躍する力がつきますよう各地で頑張ってほしいと思います。

20141227bousai2.jpg

20141226bousai 4.jpg

 

 

 

全国防災ジュニアリーダー育成合宿3日目

2014.12.27

 

3日目最後のワークショップは「子どもへの防災教育」です。

 自宅の間取りを書き出し、地震が起きた際に考えられる問題点を話し合ったり、揺れに強い構造体を紙パックを使い検証するなど、身近な環境の防災を子どもにどのように伝えていくかについて学びました。家の間取りの中に潜む危険に気づき考え込む参加者や、紙パックを使った実験では、補強の仕方で強い構造体に変わる事を学び「なるほど!」と納得する参加者もいました。

 

20141227bousai 1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉会式では参加者の代表から

 「3日間の合宿で、防災に関する多くの知識を学びました。また、メンバーシップの大切さに気づきました。今後、学校や地域で学んだことを広めていきたいと思います。災害が起こったとき、力が発揮できるよう今後自分に何ができるか考えていきたい。」と、力強い感想を聞くことができました。

 いつ起こるかわからない、しかし必ず起こると言われる地震災害の時、参加した皆さんがリーダーとして活躍できるように地域に戻って今回の合宿で学んだことを活かして頑張ってほしいと思います。

 

 

20141227bousai2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

20141226bousai 4.jpg

 

全国防災ジュニアリーダー育成合宿1日目・2日目

2014.12.26

 12月25日~27日の2泊3日で「全国防災ジュニアリーダー育成合宿」が始まりました。

  東日本大震災の被災地など全国から16校67人が参加していただき、震災から様々な教訓を学んでいます。

 初日は、神戸市の「人と防災未来センター」に集まり人と防災未来センターの河田所長の特別講義を受けた後、交流の家に移動して早速各校の取り組み紹介のワークショップをしました。ただの発表ではなく、研修室を避難所と想定してリーダーとしてどう動くかについて学びながら発表となりました。どの参加者も他校の発表内容を興味深く聞き、次々と鋭い質問をしていました。

さすがジュニアリーダーを目指す人たちです。積極的に行動し、発言する姿はとても頼もしく見えました。

 20141225bousai1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2日目は、最初にアイスブレイクをしてお互いの雰囲気を暖め、その後4つの講義と2つの発表を行い、中身のとても濃い1日を過ごしました。

阪神淡路大震災を経験した先生方からは、ジュニアリーダーとして震災との向き合い方や、災害時の混乱の中でどのように行動するのか、震災を教訓として語り継ぐ意義について深く学びました。また、ジュニアリーダーの立場からボランティアはどうあるべきか、その考えにも触れることができました。

グループごとの話し合いでは、活発にお互いの考えを話し合い、進んで発表するなど、参加者の皆さんの防災に対する意識の高さとやる気の強さを感じた一日でした。

20141226bousai2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20141226bousai3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は最終日で子どもの防災教育について学んでいます。

ジュニアリーダーとしてどのような学びを持って帰るのかとても楽しみにしています。

 

 

【今日の出来事】吹上浜の状況

2014.12.17

今日は全国的に大変な状況になっています。

国立淡路青少年交流の家の側にある吹上浜も、いつにも増して強風が吹きすさんでおります。

20141217aretafukiagehama.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮りに吹上浜にいきましたが、強風により立っているのがやっとの状況でした。

                                                ナカニシ

 

放課後子ども教室

2014.12.16

 12月13日(土)に出前講座で、南あわじ市の放課後子ども教室灘教室へ訪問しました。

灘小学校へ通う小学1年生から6年生の13名が、淡路島を代表する地場産業の一つである「お香づくり」にチャレンジしました。

「お香づくり」は、お香パウダーを混ぜることからはじまり、パウダーが粘土状になるまで乳鉢でこね、粘土状になったらパウダーをローラーで伸ばし、好きな形に型抜きして完成です。

 お香パウダーを乳鉢でこねるところから悪戦苦闘がはじまり、なんとか全員で個性豊かな形をした「お香」をたくさん作ることが出来ました。

nada1.jpg

 

 

 

 

nada2.jpg

 

nada3.jpg

 

nada.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼島の放課後子ども教室に行ってきました!

2014.12.11

淡路島の南に位置する沼島。

 

今日はその沼島の放課後子ども教室に、出前事業「子ども体験遊びリンピック」に行ってきました。

担当の先生からは体を動かして、いろんな遊びがしたい!とのご希望をいただいたので

いろんな道具を持っていきました。

 

20141210nushima6.jpg

まず、紙ひこうき飛ばし。

私たちがひこうきの折り方は「自分で考えるんだよ」と見本だけ見せると、いろんな紙ひこうきになりました。

遠くまで飛ばす子も、うまく飛ばせない子も。

20141210nushima8.jpg

つるつるすべる塗り箸を使って

お皿からお皿へ豆をうつす、淡路ではおなじみのおはしリンピック。

20141210nushima7.jpg

体の大きな高学年にはつらい、低いバーくぐり。

 

合計得点で点数が高い順番にメダルと賞状を授与すると、とても喜んでもらえました。

また来年の1月と2月に沼島の子どもたちのところへ遊びに行きます。

今度はどんな遊びにしようかな。みんな、待っててね♪

 

よっしー&まーきー


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.