スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

【利用団体の様子】本日の夕べのつどい

2015.08.27

本日の夕べのつどいの様子です。

阪神電気鉄道株式会社 運輸部教習所の皆さんが、電車に乗る際の注意点などを寸劇で披露してくださいました!

20150827_tsudoi_1.JPG

駅のホームで歩きながらスマホを操作するとどのような事故が起こるか、

20150827_tsudoi_2.JPG

非常停止ボタンはどのようなときに押すボタンなのか、

20150827_tsudoi_3.JPG

駅のホームで線路に物を落としてしまったらどうすればいいか、

20150827_tsudoi_4.JPG

笑いを交えて、わかりやすく説明してくださいました^^

20150827_tsudoi_5.JPG

普段、何気なく利用している電車も、たくさんの方々に支えられているからこそ安全に利用できるんですね。

阪神電気鉄道の皆さん、ありがとうございました!

つどいの時間では、歌や踊り、寸劇など出し物大歓迎です。これから利用される皆さん、お待ちしています^^

しげのぶ

 

きょうの空と海

2015.08.27

 各地に大きな被害をもたらした台風15号でしたが、ここ淡路青少年交流の家では、特に被害はありませんでした。

 季節の移り変わりを(少しだけ)感じさせてくれる青空の下、8月最終週の今日も、子供たちが、元気に活動しています。                                                        

RIMG0062.JPG         RIMG0065.JPG

そのお

  

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」全員の完歩。

2015.08.24

22日。
ハイペースな1班がもっとも遅い時間に帰ってきたのは
体調を崩した仲間のことを考えていたから。

長い長い話し合いの末、
彼らは仲間の回復を待ち、もう一度歩くことを決めました。

そして、23日。
約1時間30分をかけて、残りの行程を歩き切り、
改めてチャレンジャー全員が、ゴールテープをきりました。

閉会式。

保護者の皆様を前に宣言の言葉を発表するチャレンジャーの表情は、とても晴れやかで自信にあふれています。
「この7日間でがんばったこと。挑戦したこと。」
「自分のことや、仲間のことで気付いたこと。」
「これから挑戦していきたいこと。」

明日からでも、1年後でも、大人になってからでも。
いつか、この1週間の挑戦が、チャレンジャーたちの力となることを願っています。

記録:しもなか

20150824_jrcharange.jpg

 

「青少年のための科学の祭典」 2日目

2015.08.23

今日は青少年のための科学の祭典、2日目です。

今日もたくさんの来場者にめぐまれました。

20150823_kagakunosaiten1.JPG

そしてこんなカワイイ作品ができました。

20150823_kagakunosaiten4.JPG

20150823_kagakunosaiten3.JPG

今回来れなかった人も、次回は9月5・6日に神戸会場(バンドー神戸青少年科学館)で出展しますので、是非来てください!

こおり&きっかわ

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」再び......

2015.08.23

8月23日 AM5:45

昨日ゴールをしたチャレンジャーたちが
再び歩き始めました。

昨日、体調を崩してゴールできなかった仲間とともに
残りの距離をみんなで歩き、もう一度ゴールを目指します。

20150823_1.JPG

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」ついにゴール!

2015.08.22

PM 3:10

試行錯誤の末、自分たちのペースを見つけ出した3班がゴール。

20150822_1.jpg

PM 4:30

体調を崩していた仲間も含め、2班全員がゴール。

20150822_2.jpg

PM 5:20

いつもハイペースで進んでいた1班がゴール。

20150822_3.jpg

明日は、これからの決意を発表する宣言式です。

 

「青少年のための科学の祭典」に行ってきました

2015.08.22

今日は「青少年のための科学の祭典(淡路会場)」にブース出展してきました。
淡路会場はイオン淡路店内のアルクリオで開催されています。
淡路島内の高校の科学部や地学部の隣で、私たちもブースを出しました。

20150822_kagakunosaiten1.JPG
私たちのブースでは「身近な自然を科学する」というテーマで、ズー&アクアリウム(海の漂着物や松ぼっくり、どんぐりなどを組み合わせて作るクラフト)をしました。
子どもから大人までみんな夢中になって、作品づくりに取り組んでいただきました。

20150822_kagakunosaiten2.JPG

20150822_kagakunosaiten3.JPG
明日も出展しますので、是非淡路会場に来てください。

こおり&きっかわ

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」ラストスパート!

2015.08.22

気合を入れていよいよ残り10km!!

動画はフェイスブックページから>>>https://www.facebook.com/awaji.niye/videos/1050730384938876/

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」最終日の朝。

2015.08.22

とうとう最終日。

ある班は、何度も重ねた試行錯誤の集大成を。

ある班は、自分たちだからこそできる、偉大なチャレンジを求めて。

そしてある班は、「全員で歩ききる」という、彼らにとって最も大切な決意を。

それぞれの思いを胸に、最後の挑戦が始まる。

目的地:国立淡路青少年交流の家
距離:29.6km

出発の様子はフェイスブックページから>>>https://video.xx.fbcdn.net/hvideo-xat1/v/t42.1790-2/11854250_1050644828280765_386902492_n.mp4?efg=eyJybHIiOjM5NywicmxhIjo1MTJ9&rl=397&vabr=221&oh=f54e8042bc3535d6f4467d5f5d22e78e&oe=55D7D9F0

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」目標って必要?

2015.08.19

雨。
疲労。
足の痛み。

さまざまな困難を乗り越え、4日目も無事目的地へ。

しかし、ふりかえってみると、昨日決めた目標を達成できた班もあれば、できなかった班も。

ある子が言っていました。
「目標っている?なんのためにあるん?」

大人も悩む問いに、子どもたちは向き合っています。

20150819_3_1.JPG

20150819_3_2.JPG

20150819_3_3.JPG

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」トラブル発生!けれど...

2015.08.18

「ここどこ...?」
「道あってる!?」

6日目は、全日程のうち最も複雑な道。
全ての班が、何度も道に迷う。

けれど、おかしいと思ったら主張する。
ちゃんとみんなの意見をきく。
他人任せにしない。

これまでのふりかえりのなかで生まれた目標を実践していく。


全てがうまくいくわけではない。

けれど、何度も挑戦する姿勢に、大人たちも心を動かされています。

関連動画はフェイスブックページから>>>https://video.xx.fbcdn.net/hvideo-xpf1/v/t42.1790-2/11916212_1050463371632244_495979040_n.mp4?efg=eyJybHIiOjUxNCwicmxhIjo1MTJ9&rl=514&vabr=286&oh=e1437621e43a8a591a12b5d94cbe041c&oe=55D75B32

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」それでも歩きだす。

2015.08.18

トラブルはいくつもおこる。

気持ちのこと、身体のこと。

ただ歩くだけなのに、もう歩くだけじゃなくなってきた。

 

3日目は淡路市野島まで28km。

5時17分、出発。

20150818_1_1.JPG

20150818_1_2.JPG

20150818_1_3.JPG

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」2日目のゴールは何かが違う!

2015.08.17

突然の豪雨にも負けず、全ての班が2日目の目的地へ。

少し遅れていた最後の班が到着するときには、先についた班のみんながお迎えにいき、一緒にゴールしました。

 

第1ステージのキーワードのひとつ。

「仲間作り」

同じ苦労と同じ喜びを知るみんなは、いつの間にかもう「仲間」なのかも。

 

そんなことを感じた2日目のゴールでした。

 

ゴールの様子はこちら(facebook動画ページへ)>>>https://www.facebook.com/awaji.niye/posts/1048180085193906

 

 

【「ジュニアチャレンジ淡路島一周」活躍するのは・・・】

2015.08.17

瓦の街、津井へ。

活躍するのは、地元辰美小の子たちだ!

20150817_2_1.JPG

 

20150817_2_3.JPG

 

20150817_2_4.JPG

 

【「ジュニアチャレンジ淡路島一周」朝は、4時起床です。】

2015.08.17

昨日のミーティングで決めたこと。

それは4時起床の5時出発!

 

みんな決めたとおりに起きて、お部屋の掃除もテキパキと。

20150817_1.JPG

2日目は、洲本の「都志」を目指します!

20150817_2.JPG

 

【「ジュニアチャレンジ淡路島一周」第1ステージ前半終了!】

2015.08.16

もうすぐ17時。

次々とゴールに辿り着くチャレンジャーたち。

20150816_3_1.JPG

20150816_3_2.JPG

けれど、彼らの1日はまだ終わりません。

 

「ぼくたちは時速何キロで歩いてきた?」

「明日はどんな道を通るの?」

「目標通り到着するためには、何時に出発すればいい?」

 

今日の経験を振り返りながら、地図を広げて話し合います。

20150816_3_3.JPG

そして最後は、ひとりの時間。

 

「自分で決めた目標はどれくらい達成できた?」

「グループにはどうかかわれた?」

「明日は何にチャレンジするの?」

20150816_3_4.JPG

今は、第1ステージ「技術習得と目標設定・仲間作り」前半。

チームで淡路島一周を完歩するために必要となる地図の見方やペース配分、休憩の取り方を身に着けていく段階です。

 

こうしてチャレンジャーたちは、学びと実践を繰り返していきます。

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」時計回りに歩きます。

2015.08.16

1日目の今日は、山をこえて港町「福良」へ。
さらに山をこえて「伊加利」まで向かいます。

道ゆく地元の方々からは、たくさんのご声援をいただきました!
チャレンジャーたちを見かけた方は、ぜひご声援をお願いします!


20150816_2_1.JPG

 

20150816_2_2.JPG


20150816_2_3.JPG

 

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」いよいよ始まります!

2015.08.16

集まった20人のチャレンジャー!
ひとりずつ「宣言文」をみんなの前で発表し、いよいよ出発です!!

20150816_1.JPG

 

「ジュニアチャレンジ淡路島一周」準備も大詰めです。

2015.08.15

しもなかです。

いよいよ始まります。今年の夏の大きな挑戦。

「ジュニアチャレンジ淡路島一周(http://awaji.niye.go.jp/hp/event/2015/06/)」

 

8月13日~15日は、スタッフ研修と準備の期間。

今回、学生ボランティアの皆さんには、事前課題として安全管理レポートの作成に取り組んでもらいました。

スタッフ研修では、このレポートをもとにして、想定される様々なリスクに対する「予防法」と「対処法」を共有しました。

 

明日から本番です。

今年は淡路島内から14名、淡路島外から6名の小学生が淡路島一周に挑戦します!

子どもたちの様子は、フェイスブック(https://www.facebook.com/awaji.niye)とブログ(http://awaji.niye.go.jp/hp/diary/)にて、毎日紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

 

20150815_jr_charange.jpg

 

 

 

 

 

~熱中症にご注意~

2015.08.10

暑い日が続きますね。

交流の家では、熱中症対策として夏季は毎日お昼前に熱中症指数を計測しています。pencil

20150811_WBGT_keisoku.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、指数を食堂前に掲示して、活動の参考にしていただいています。eye

20150811_WBGT_keisai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水分不足や睡眠不足は、熱中症を誘引します。impact

よく休息を取り、楽しい夏にしましょうね。sun

 

=================コラム「熱中症指数とは?」=================

熱中症指数とは、熱中症を予防することを目的とした指標です。

単位は気温と同じ「℃」で示されますが、その値は気温とは異なります。

熱中症指数は、人体と外気の熱やり取り(熱収支)に着目した指標で、

人体の熱収支に影響の大きい次の3点が取り入れられています。

①湿度 / ②日射・輻射 / ③気温

※気温が高くても湿度が低ければ、熱中症の危険度(指数)も低くなるというわけです!

【参考】環境省 熱中症予防情報サイト

=====================================================

 

しげのぶ  fish

 

【事業の様子】教員免許状更新講習(3日目)

2015.08.08

平成27年度教員免許状更新講習も最終日を迎えました。

本日は、「教育の現状と課題について」と「体験活動の意義と学習指導要領の位置づけについて」のテーマのもと、兵庫県教育委員会事務局社会教育課社会教育班長 安東 靖貴氏をお迎えし、当所所長 大本とともに講義を進めていきました。

20150808kyouin5.jpg

まず、参加者の先生方から、校種ごとに子どもたちを取り巻く現代的課題、課題解決向け体験活動を通して子どもたちの育みたい力を書き出してもらい、課題の共有を図りました。

20150808kyouin3.jpg

20150808kyouin4.jpg

午後は、グループワークの手法の1つであるマッピングを用いて意見交換をしながら子どもたちに育みたい力を各グループで深めていきました。最後にグループごとに発表をし、講義の終了を迎えました。

20150808kyouin6.jpg

20150808kyouin7.jpg

参加体験型でみなさん生き生きと講習を受けていらっしょいました。

よしなり

 

教員免許状更新講習2日目

2015.08.06

教員免許状更新講習2日目は、本施設の提供するプログラムを体験していただきました。

午前はカッター研修です。薄日が差す中、気持よく体験できただけでなく、より深くお互いを理解するきっかけとなりました。

午後は環境教育プログラムです。日常ではそこにあるのが当たり前の植物を少し違った視点で見ることや、浜に落ちているものがどのようにたどり着いたのかを考えることで自然のすばらしさや環境問題に気づくきっかけを学んでもらいました。

やまもと

mennkyo21.JPGmennkyo22.JPGmennkyo23.JPGmennkyo24.JPG

 

【事業の様子】教員免許状更新講習スタート

2015.08.05

淡路島島内外から51名の先生方が参加してくださり、平成27年度教員免許状更新講習がスタートしました。

今日は、「子どもたちがわくわくする体験活動」をテーマに大阪国際大学教授 高見 彰先生をお招きし、

講義・実習を通じて、学級づくりやチーム作りに役立つプログラムやその理論について学んでいただきました。

20150805kyouin1.jpg

20150805kyouin2.jpg

プログラムを体験する中で先生方の信頼感や協力性がみるみる高まっていきました。

20150805kyouin3.jpg

講習の最後は、認定試験。みなさん懸命に取り組んでいました。

20150805kyouin4.jpg

きっと学校に持ち帰るお土産がたくさんできたことと思います。

よしなり

 


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.