スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】最終日

2016.08.28

ジュニアチャレンジもとうとう最終日となりました。

最終日はジュニアチャレンジ全体をふりかえります。

 

午前はこれまでのふりかえり。

まずは、起こったできごとを初日から1日ずつ、班ごとにふりかえっていきました。

次に、チャレンジしたこと、自分について気づいたこと、班について気づいたこと、

淡路島を一周して感じたことに分けて、個人で思い起こしました。

さらにこれからの生活でがんばりたいことを含めて宣言文を作成しました。

 

午後は閉会式。

7日間の写真・ビデオを集めたDVDを鑑賞後、

個人の宣言文を発表。

所長から完歩証明が授与されました。

1.png

 

「淡路島を一周して感じたことは、どんなことでも挑戦すれば必ず成功する、ということです」

ある子の宣言文の一部です。

ジュニアチャレンジの告知チラシの、

「成功するかなんて、わからない。でも一歩を踏み出さないと、はじまらない」

という投げかけに対する答えとして嬉しく聞くことができました。

 

今後、彼らは人生の中でいろんなことに挑戦していくことでしょう。

苦手なこと、いやなこと、初めてのこと、手に余ること...

ちょっと尻込みしそうなことに出会ったら、

この7泊8日の挑戦を思い出してくれますように。

一回り成長した自分を信じて、自信を持ち、

そうして何事も恐れず、果敢に挑戦する勇気を持ち続けてくれますように。

 

最後に、

・沿道でチャレンジャーたちに励ましの声をかけてくださった皆さん、

・立ち寄った施設で笑顔で対応してくださった皆さん、

・宿舎・風呂の担当者としてご対応くださった皆さん、

・チャレンジャーたちを見かけて車の速度を落としてくださった皆さん、

・新聞等、マスコミを通じてチャレンジャーたちのことを知ってくださった皆さん、

・毎日ブログをチェックしてくださった皆さん、

・笑顔でチャレンジャーたちを送り出してくださった保護者の皆さん、

このジュニアチャレンジに何らかの形で関わってくださった全ての皆さんに

スタッフ一同、心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

2.png

3.png

 

あだち

#体験の風 

 

 

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】7日目②

2016.08.27

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】
ジュニアチャレンジ淡路島一周、ゴールしました。

1班(緑)15:12ゴール
2班(赤)15:07ゴール
3班(青)17:13ゴール

1班は、いつも一番のりで目的地に到着していましたが、
今日は二番目の到着でした。
山道の多いコースも早いペースで歩ききりました。

2班は、明日の閉会式を待つことなく帰らなければならない
友だちの時間の都合を考えて、早足でのゴールでした。

3班は、ペース配分を考えて、他の班よりもゆっくりと、
でも確実に歩みを進めました。

交流の家の本館前は坂道になっているのですが、
どの班もゴールを待ちきれないようで、
7日間歩き続けて疲れているにもかかわらず、
駆け足で上ってきました。

ゴールして一言。
「早く終わってほしいと思ってたけど、なんか明日も歩いてみたいような気分♪」

明日はこれまでのふりかえりと、
これからの生活でがんばっていきたいことなどの決意を表明する
宣言文の発表があります。

あだち

#体験の風

juniorchallange0827_4(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_5(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_6(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_7(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_8(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_9(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_10(圧縮済).jpg

juniorchallange0827_11(圧縮済).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】7日目①

2016.08.27

あだちです。ジュニアチャレンジも7日目です。

本日は由良から最終ゴールである交流の家までの31km。
今までで一番長い距離を歩いています。
今日は若干気温が低いのが救いです。

一番早い班の現在地は、土生港付近。
一歩、また一歩、着実にゴールを目指しています。

juniorchallange0827_1(圧縮).jpg

juniorchallange0827_2(圧縮).jpg

juniorchallange0827_3(圧縮).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】6日目②

2016.08.27

早速、本日の結果をお知らせします。

1班(緑)16:08目的地到着
2班(赤)16:08目的地到着
3班(青)16:48目的地到着

「初ゴーーーールっ!!」
3班の先頭にいた子が、叫びながら宿舎に飛び込んで来ました。
「おめでとう!」
周りにいた子たちは、拍手で迎えました。
みんなが笑顔でした。

「なんか何でもできる気がする」
夜のふりかえりで、ある子が言いました。

「無理かもって思っとったときもあったけど...」
彼はこの6日間をふりかえりました。
暑かったこと、足が痛かったこと、帰りたいと思ったこと、
歩きたくなかったこと、
でも歩かなければならなかったこと等々...

「でもみんなでやったらできたやん」
「みんながおったからできたんやん」
「俺らやったらできるって」

同じ目標を目指す仲間がいるという自信。
それがいつもはどちらかというと寡黙な彼を
饒舌にしていたのかも知れません。
そして、彼の背中をそっと押しているのかも知れません。

明日、全班が笑顔で「ゴーーーールっ」することを祈っています。
21人の参加者の、21通りのすばらしいゴールがありますように。

明日のゴール予定時刻をお伝えしたいのですが、
残念ながらジュニアチャレンジは、筋書きのないドラマ。
いつゴールできるのかは予想がつきません。

結果が気になる方は、明日、淡路青少年交流の家に
おいでいただくか、当ブログの更新をお待ちください。

毎日、暖かいご声援をいただいています。
本当にありがとうございます。

最後まで子どもたちの応援をどうぞよろしくお願いします。

あだち

#体験の風

juniorchallange0826_9(圧縮).jpg

juniorchallange0826_8(圧縮).jpg

juniorchallange0826_10(圧縮).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】6日目②

2016.08.26

あだちです。ジュニアチャレンジも6日目となりました。

今日は志筑を出発し、由良に到着する22kmの行程です。
距離こそ一昨日ほどではないものの、
交通量の多い道路を南下しなければならない
全行程中で一番の難所を午前中に通過しました。

洲本市に入った直後、うれしいできごとがありました。
一昨日33.5kmを歩いた3班が「あきらめない」という目標の通り、1・2班に追いついたのです!

合流できたことを素直に喜びながら、すぐに気持ちを切り替え、
休憩もそこそこに1班から3班までそろって再び歩き出しました。

今日は全班が目的地に到着できそうです。

#体験の風

juniorchallange0826_1(圧縮).jpg

juniorchallange0826_2(圧縮).jpg

juniorchallange0826_3(圧縮).jpg

juniorchallange0826_4(圧縮).jpg

juniorchallange0826_5(圧縮).jpg

juniorchallange0826_6(圧縮).jpg

juniorchallange0826_7(圧縮).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】5日目③

2016.08.25

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】
今日は休養日。時間が普段よりもゆったりと流れています。

昼食は近所のショッピングセンターで外食しました。
夕飯はみんなで買い物をし、自炊することに。
用意したのは鍋、食器セット、ガスコンロ。
その3つだけを使い、何をどう料理するのか、
すべて子どもたち次第です。

決まった予算内で、
ああでもない、こうでもないと食材を選び、
宿舎に帰っていざ料理開始!

できあがったのは...
1班(緑)焼きそば
2班(赤)カルボナーラ
3班(青)うどんサラダ
以上3品でした。

ちょっと味見させてもらいましたが、
小学生がつくったとはとても思えないできばえでした。

中にはほとんど料理をしたことがない子もいたそうで、
ちょっとしたジュニアチャレンジ・番外編となったようでした。

あだち

#体験の風

juniorchallange0825_9(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_10(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_11(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_12(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_13(圧縮済).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】5日目②

2016.08.25

今日は前半4日間のふりかえりをしました。

まずは応募時の作文を読み返し、
初日の各自の決意表明を確認しながら初心を思い起こします。

次に、個人でがんばったこと、自分の課題、班でがんばったこと、班の課題を付箋に書き出し、みんなでまとめ、共有します。

「他人のために動くって具体的にはどういう行動?」
「意見が分かれたとき、相手を傷つけない言い方ってある?」
「最後はどんなゴールにしたい?」

2時間に及んだふりかえり・・・。
教科書のないジュニアチャレンジでは、
答えは自分たちで見つけるしかありません。

あだち

#体験の風

juniorchallange0825_4(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_5(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_6(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_8(圧縮済).jpg

 

 

【職員インタビュー2】

2016.08.25

こんにちは、きっかわです。

職員インタビュー2回目してみました。

第2号は、事務所の顔、川添 恵里(かわぞえ えり)さんです。

 

きっかわ:川添さんは、どんな仕事をしてますか。

かわぞえ:事業推進係で主に利用者対応をしています。

きっかわ:利用者対応において心がけていることは?

かわぞえ:利用者の方の要望に対して一生懸命取り組むことです。

きっかわ:アンケートで「川添さんの対応が良かったです」というアンケートがありましたね。

窓口なので短時間でのやりとりにもかかわらず、名前が挙げられるのは相手に想いが伝わっている証拠ですね。

 

20160818_kawazoeinta (1).jpg

 

きっかわ:川添さんが思う「国立淡路青少年交流の家」の魅力は?やっぱりご飯ですか?

かわぞえ:ご飯もさることながら、大きなグラウンド、テニスコート、研修室など充実した施設があることです。

さらに、使用料は無料!!使わない手はないです。

きっかわ:毎年500人以上の方が来てグラウンド・ゴルフ大会が開催されるなど、大きいグラウンドならではの活動もありますね。

 

20160818_kawazoeinta (2).jpg

 

きっかわ:では、交流の家でのおすすめの活動を教えてください。

かわぞえ:気軽に楽しめてなおかつ部活動でも使うことのできる卓球です。

きっかわ:普段から卓球は?

かわぞえ:してませんが、オリンピックを見て興味を持ちました。

きっかわ:そうですか…来年1月にある卓球クリニックに向けて仕上げてください。では時間になりましたので最後に一言。

かわぞえ:「蓮根と蒸し鶏のサラダ」がおすすめなので食べに来てください。

きっかわ:やっぱり充実した研修には、「研修室」と「ご飯」ですよね。本日はありがとうございました。

かわぞえ:ありがとうございました。

 

施設の利用をお考えの方はこちら

>>>予約について

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】5日目①

2016.08.25

あだちです。5日目を迎えました。

本日は休息日。
けれど、1班と2班は、昨日歩けなかった残りの距離を歩くことを
選択しました。
昨日挑戦終了となった地点までマイクロバスで戻って
再スタートです。

昨日33.5kmも歩いた3班は、早朝のミーティングで
全員の体調や、今後の予定も踏まえて
歩くか、歩かないかを話し合いました。
結果、今日1日はしっかり休養し、明日改めて、
積み残しの距離を含めて再スタートすることを決めました。

どの班も初日は無計画でしたが、
淡路島一周という大きな目標達成のために
「今しなければならないことは何か」を考え始めているようです。

juniorchallange0825_1(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_2(圧縮済).jpg

juniorchallange0825_3(圧縮済).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】4日目②

2016.08.25

しもなかです。4日目の結果報告です。

1班(緑)18:00日没により挑戦終了(残り約0.5km)
2班(赤)18:00日没により挑戦終了(残り約1.0km)
3班(青)18:00日没により挑戦終了(残り約5.5km)

全ての班が、時間内に到着できませんでした。
けれど、全班とも挑戦する気持ちは途絶えていません。

特に、これまでずっと時間内に到着できていない3班は、昨日のふりかえりで定めた「あきらめない」という目標を紙に書き、マップケースに入れ、立ち止まるたび、挫けそうになるたび、見返していました。

結果、今日はどの班よりも長い距離を歩き切ることに。

その日の夜――。

明日は休息日を想定していましたが、午前中であれば3時間のみ歩くことができると全班に提示しました。

明日、歩くのか、歩かないのか。

決めるのは子どもたちです。
きっと正解はありません。

juniorchallange0824_7(圧縮済).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周_番外編】もう一つのジュニアチャレンジ

2016.08.24

ジュニアチャレンジには参加せず、事務所に居残り組のきっかわです。

 

もう一つのジュニアチャレンジが始まってます。

それは食堂出口前!

 

20160824_mouhitotu2.jpg

 

みんなが挑戦している様子を掲載してます。

 

20160824_mouhitotu1.jpg

 

多くの方にこの事業を知って欲しいとの想いから作っちゃいました。

 

これから利用される皆様!

ぜひ食堂を通った時は見てください!!

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】4日目①

2016.08.24

チャレンジも折り返しの4日目を迎えました。

出発はまだ日も昇りきらない朝5時過ぎ。

お世話になった平林荘(野島地区)から、明石海峡大橋を経由し、津名高校(志筑地区)を目指す29kmの行程です。

連日の猛暑のなか、トラブルはいくつも起こります。
疲れもピークを迎えているはずです。

それでもチャレンジャーたちは、お互いに思ったことをしっかり伝え合い、聴き合い、そして進み続けます。

何度、挑戦と失敗を繰り返すことになるのか……。
ただ歩くだけなのに、様々な葛藤やドラマが生まれるそんな4日目です。

しもなか

juniorchallange0824_1(圧縮済).jpg

juniorchallange0824_2(圧縮済).jpg

juniorchallange0824_3(圧縮済).jpg

juniorchallange0824_4(圧縮済).jpg

juniorchallange0824_5(圧縮済).jpg

juniorchallange0824_6(圧縮済).jpg

 

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】3日目②

2016.08.23

あだちです。

チャレンジャーたちの挑戦、3日目も終了しました。
本日の移動距離は都志から野島までの29km。
これまでで一番長い距離を歩きました。

午後からの各班は、暑さと疲れと、先の長い今後を思ってか、
足取りも鈍り気味。
当初、16:00には一番早い班が目的地に到着するかと
思われましたが、
実際には17:00を大幅に過ぎての到着になってしまいました。

1班(緑)17:28目的地到着
2班(赤)17:46目的地到着
3班(青)18:00日没により挑戦終了(残り約9km)

夜、涙目で1日をふりかえった子もいたようです。

明日はどんな日になるのでしょうか。

juniorchallange0823_6(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_7(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_8(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_9(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_10(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_11(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_12(圧縮済).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】3日目①

2016.08.23

記録スタッフ、いったん交代しました。
しもなかに変わって、本日はあだちが挑戦の様子をお伝えします。

さて、3日目。
チャレンジャーたちは、海岸沿いの道をひたすら北上しています。
今日もとても日差しの強い、暑い1日ですが、その分、海がとてもきれいに見えます。

本日の目的地は、野島。
どの班も今日はハイペースで一路北に向かっています。
一昨日、昨日と目的地に到着することなく
1日を終えることとなった班も、今日こそは!
他の班よりも長い距離をがんばって踏破しようと
意気込んでいます。
洲本市に別れを告げ、淡路市は多賀、室津、育波で
それぞれ昼の弁当を食べ、再出発しました。

午後のチャレンジャーたちの奮闘ぶりにもご期待ください。

juniorchallange0823_1(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_2(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_3(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_4(圧縮済).jpg

juniorchallange0823_5(圧縮済).jpg

 

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】2日目②

2016.08.23

しもなかです。
2日目の挑戦が終了しました。

道中、たくさんの方々から「がんばって!」と声援が!

休憩場所や車両の待機場所もご迷惑をお掛けしながら、快くご提供いただいています。

今日の目的地である都志小学校様からは、大きな和室を宿泊室として提供していただきました。

地域の皆様のご支援によりこのチャレンジは成り立っているのだと、改めて感じています。

 

さて、本日の結果は……

1班(緑)16:44 目的地(都志小学校)到着
2班(赤)17:15 目的地到着
3班(青)18:00 日没により挑戦終了(残り約6km)

 

今回の結果をチャレンジャーたちはどう考えるのか?

夜のふりかえりでは、自分の気持ち・意見を明確にし、班の仲間に伝えます。

最後に定めて自分の目標に、明日どれだけ向き合えるか?

明日は、更に距離が伸びる約29kmの挑戦です。

juniorchallange0822 (1).jpg

juniorchallange0822 (2).jpg

juniorchallange0822 (3).jpg

juniorchallange0822 (4).jpg

juniorchallange0822 (5).jpg

juniorchallange0822 (6).jpg

juniorchallange0822 (7).jpg

juniorchallange0822 (8).jpg

juniorchallange0822 (9).jpg

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】2日目①

2016.08.23

しもなかです。
2日目の挑戦が始まりました。

チャレンジャーたちが決めた起床時刻は、午前4時!

身支度を整えたあとは、宿泊させていただいた公民館をみんなでお掃除します。
出発は午前5時20分ごろになりました。

阿那賀からスタートし、辰美・湊・慶野・五色の海岸沿いをひたすら進む約24kmの行程です。

目的地の都志小学校まで無事辿り着くことができるのか!?

お近くの方がいらっしゃいましたら、ぜひご声援をっ!!

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】

2016.08.21

こんばんは。記録スタッフのしもなかです。
子どもたちが挑戦する様子をお伝えします!

さて、1日目は、いきなり難関の山越えコース!

チャレンジの基本的なルールは……。

○グループ(班)で行動する。
○休憩のタイミングや時間は自分たちで決める。
○道を間違っても大人は教えてくれない。
○日没した時点でその日のチャレンジは終了。
(目的地に到着していなかった場合、翌日はそこからスタート)

というものです。
一見、難しいルールではなさそうです。

案の定歩き始めると、すぐに和気あいあいとおしゃべりが始まりました。

けれど次第に
「まだ休憩するの!?」
「ちゃんと地図見てやー」
「よくわからんから任せた」
という声が……。

そして1日目のチャレンジが終了。

結果、目標としていた午後5時には全ての班が辿り着くことはできませんでした。

また、そのうちのひと班は、目的地に到着することなく日没を迎えることに……。

明日からは、さらに距離が伸びていきます。
きっと疲れもたまっていることでしょう……。

この調子で無事に目的地に辿り着くことはできるのでしょうか!?

juniorchallange0821_1.jpg

juniorchallange0821_2(圧縮済).jpg

juniorchallange0821_3(圧縮済).jpg

juniorchallange0821_4(圧縮済).jpg

juniorchallange0821_5(圧縮済).jpg

juniorchallange0821_6(圧縮済).jpg

juniorchallange0821_7(圧縮済).jpg

juniorchallange0821_8(圧縮済).jpg

 

青少年のための科学の祭典淡路会場inパルティ2日目!

2016.08.21

8月21日に青少年のための科学の祭典淡路会場inパルティにやってきました。

初日は、高校生のボランティア1名がお手伝いをしてくれ、丁寧な説明で子どもたちに指導してくれていましたが・・・

今日は2人だけ・・・・・・どうなる?

と思っていたら、昨日から交流の家のブースにちょくちょく顔を出してはお手伝いしてくれていた他のブースの

高校生3人(+先生お1人)がご登場!

昨日に引き続き、子どもたちの興味をひく見本を示され、本日も169名を数える皆さんに

ストーンペインティングを体験してもらえました。

 

20160821 (2).jpg

20160821 (1).jpg

20160821 (4).jpg

 

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

2日間、一生懸命手伝ってくれた高校生の皆さん、大学受験、がんばってください。

見事志望大学に合格したら、交流の家の法人ボランティアの登録お待ちしています。

詳しくはこちら http://awaji.niye.go.jp/hp/volunteer/

 

あだち&きっかわ

 

 

 

 

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】1日目①

2016.08.21

小学5・6年生の21人が、歩いて淡路島一周踏破にチャレンジする「ジュニアチャレンジ淡路島一周」。
いよいよスタート!

8月21日(日)11:20 元気いっぱい歩き始めました!

 

 

【今日のガタさん】夏が過ぎ

2016.08.21

みなさんこんにちは。

暑さに異常に弱いガタさんです。

 

 

海水浴、スイカ割、BBQ、花火大会、盆踊り。。。夏の楽しいイベントは楽しめましたが。

お盆も過ぎ、朝夕が少しずつ涼しくなってきました。

ヒグラシの声も聞こえて、少しもの悲しいですね。

2016.JPG

 

 

夏休みも後半!

最後まで、夏を楽しみましょう!

 

青少年のための科学の祭典淡路会場inパルティに行ってきました!

2016.08.20

今日はあだちときっかわ、高校生ボランティアで青少年のための科学の祭典淡路会場inパルティに行ってきました。

淡路島の中学校、高校生、大学から県外からも出展がありました。

「人工イクラ」、「葉脈でしおり」…名前を聞いただけでもどんな活動なのか気になりますよね。

 

20160820_kagakunosaiten(1).jpg

 

交流の家では「ストーンペインティング」を行いました。

 

20160820_kagakunosaiten(2).jpg

 

気に入った石に思いを馳せながら、石の形に合わせてイラストを描いていました。

 

20160820_kagakunosaiten(3).jpg

 

明日もパルティで出展します。

幅広い年齢の方が楽しめるイベントとなっております。

今日ご都合がつかなかった方は是非明日パルティへお越しください。

 

 

あだち&きっかわ

 

【ジュニアチャレンジ淡路島一周】事前説明会を開催しました。

2016.08.07

こんにちは。しもなかです。

淡路の夏の一大イベント「ジュニアチャレンジ淡路島一周」。

今年は21名のチャレンジャーたちが、淡路島一周踏破を目指します!

 

今日は、チャレンジする子どもたちとその保護者の皆様を対象とした事前説明会。

20160807_jr.charange_jizen01 (1280x850).jpg

20160807_jr.charange_jizen02 (1280x850).jpg

2週間後には、21名がチームとなって大きなチャレンジに挑むことになります。

ですが、今日はもちろん初めて出会ったばかり……。

そこで、自己紹介やレクリエーションを通して、共にチャレンジする仲間たちと知り合う時間にしました。

20160807_jr.charange_jizen03 (1280x850).jpg

20160807_jr.charange_jizen04 (1280x850).jpg

 

保護者の皆様は、別室で引き続き説明会と個別面談。

 

「なぜ淡路島一周をさせたいと思ったのか」をお一人ずつお伺いすると、「子どもたちの成長のために」と事業に魅力を感じていただいた方々や、「一年前から子どもがチャレンジすると決めていました」という方まで。

 

最後にチャレンジャーたちには、ひとつの課題を。

それは2週間後、チャレンジ初日に発表する「決意表明」を考えてくる、というもの。

 

それぞれの決意に全力で向き合えるよう、わたしたちも全力でサポートしていきます!


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.