スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

【施設の様子】今年も水沼カップのいいおはなし!

2017.01.28

水沼貴史さんの講演会で水沼カップ参加者のいいおはなしがありました。

初日のレクチャーで水沼さんから強く蹴るよう指導があり、

次の日の試合、その指導のとおり強く蹴ったシュートがゴーーール!!

この経験が自信となって、キャプテンになったそうです。

コーチいわく元々キャプテンをするような性格の子どもではなかったそうです。

この水沼カップでの経験が彼に変化をもたらしました。

高校生になった今でもサッカーを続けているそうです。

 

水沼カップの発足からお手伝いをさせていただいている私にとってこんな嬉しい話はありません。

水沼さんや関係者の皆様のおかげでこの事業は、継続できております。

深く感謝申し上げます。

 

今回の水沼カップでも新たなドラマは生まれるのか!!

こうご期待ください。

20170129_mizunumacup1.JPG

 

きっかわ

#体験の風

 

「うずしお交遊塾」 防災クエストに挑戦! 

2017.01.28

「うずしお交遊塾」もいよいよ最終日。

 

28日(土)は、「防災クエスト」に挑戦しました。

まずは腹ごしらえをして、HPをフルにしました。

koyujyuku4-1.jpg

 

次に、出発前にアイスブレイク「フープリレー」を行い、班のみんなの結束力をMAXにしました。

koyujyuku4-2.jpg

 

「ミッション発動!」いきなりのミッションに的確な判断力と行動力が必要です。

困難なミッションをクリアするためには、班のみんなで力を合わせて立ち向かわなくてはなりません。

koyujyuku4-3.jpg

koyujyuku4-4.jpg

koyujyuku4-5.jpg

koyujyuku4-7.jpg

 

 

振り返りでは、「家に帰ってからの私の防災計画」について、決意表明をしました。

koyujyuku4-8.jpg

「地元の避難所や高台を確認します!」「災害が起きた時の合流場所を話し合って決めます!」など、

「自分たちの地域や家庭で何ができるか」について考えを深めることができました。

 

「私の近所にはお年寄りが多く住んでいるので、お年寄りとよくしゃべるようにしておきたいです。」

―地域のために自分に何ができるのか― 自分と地域の人々とのかかわりの大切さに気付くことができた参加者もいました。

 

2泊3日、お世話になった大学生ボランティアや高校生リーダーに感謝の気持ちを伝えました。

「いつも寄り添ってくれて、ありがとう。」

koyujyuku4-9.JPG

 

みんなの家です。いつでも帰ってきてね。

koyujyuku4-11.jpg

その時は、大きな声で「ただいま~!」って叫んでね。

 

交流の家の職員みんなであたたかく迎えますよ。

「おかえり。」

koyujyuku4-10.jpg

 

おーいえー

#体験の風

 

 

 

 

 

 

 

 

「うずしお交遊塾」 楽しみながら防災について学ぼう!

2017.01.28

 「うずしお交遊塾」も二日目に突入!

 

27日(金)は、兵庫県教育委員会事務局義務教育課副課長兼初等・中学校教育班長 近都 勝豊 氏をお迎えし、

地域の安全・防災について自分にできること、準備できることを考えました。

koyujyuku3-1.jpg

 

様々なゲームや実験を通して、いざという時に必要な判断力や行動力、準備することの大切さについて楽しく学ぶことができました。

koyujyuku3-2.jpg

 

koyujyuku3-3.jpg

koyujyuku3-4.jpg

koyujyuku3-5.jpg

koyujyuku3-6.jpg

 

「いつくるか分からない災害を恐れるのではなく、しっかり準備し、希望をもって生活してほしい。」という近都さんの願いに参加者一同うなずいていました。

 

おーいえー

#体験の風

 

 

【施設の様子】今年も水沼カップ!!

2017.01.28

今年も水沼カップが始まりました!!

いつも寒い中、実施していたのですが、冬とは思えないあたたかい天気のもとサッカーに励んでおります。

 

20170128_mizunumacup1.jpg

 

今回もサッカー解説でお馴染みの水沼貴史さんにお越しいただいております。

夜は水沼貴史さんによる講演会!!

以前に行われたU-12海外チームVS日本チームの試合をDVD鑑賞

 

20170128_mizunumacup2.JPG

 

残念ながら日本チームは負けてしまいました。

日本チームは、悔しさのあまり泣いて立ち上がれない子がいる。海外チームの選手は、肩を叩くなど健闘を称える。

そこで水沼さんは、問います。

これを見てみんなは何を感じる?

海外の選手は身体が大きかった…ただそれだけ?

泣いて立ち上がれない経験はある?

みんなにとってこの講演会は何かに気づかされるきっかけになったのではないでしょうか。

水沼さんありがとうございました。

 

 

きっかわ

#体験の風

 

「うずしお交遊塾」 はじまり、はじまり~! 

2017.01.27

 小学生を迎え、2泊3日の「うずしお交遊塾」が始まりました。

 

開塾式後、「みんなで仲良くなろう!(アイスブレイク)」があり、高校生リーダーの進行のもと、楽しく活動することができました。

顔見知りで仲の良い友だちもいたようですが、更に仲良くなれたようです。

今日から、防災に関する活動が始まります。仲間と協力し、課題を解決したり、学びを深めたりしてほしいと考えています。

koyujyuku2-1.jpg

koyujyuku2-2.jpg

koyujyuku2-8.jpg

 

 

朝は、優雅に朝食を・・・といった時間はなかったのですが、素早く身支度を済ませ、元気に登校して行きました。

「行ってらっしゃ~い!」

koyujyuku 2-4.jpg

koyujyuku2-5.jpg

 

夜は、高校生リーダーと大学生ボランティアが1日の振り返りをしました。成果や課題について一人ずつ発表し、問題点について意見を交換しました。

明日の活動にいかそうという意欲がうかがえました。

「頑張れ!ボランティアリーダー!」

koyujyuku2-6.jpg

おーいえー

#体験の風

 

【参加者募集中】AWAJI体験フェスタ~淡路の体験プログラムを満喫しよう~

2017.01.26

02体験フェス_チラシ.png

 

 

 

場      所:国立淡路青少年交流の家

対      象:・自然学校担当等の教員や、交流の家を利用予定の方

   ・体験プログラムに興味のある親子 等

募集人数:100名

参加費用:

  ①宿泊参加の場合:3歳以下400円、未就学児1,560円、小学生2,030円、中学生以上2,070円

  ②日帰り参加の場合:一律200円

      ※その他、参加費用についての詳細は、実施要項をご覧ください。

募集締切:平成29年3月10日(金)

申込方法:参加申込書に必要事項を記入し、FAXまたはE-mailにてお申込みください。

 

>>>実施要項(PDF)

>>>チラシ・参加申込書(PDF)

 

 

 

<お問い合わせ先>

国立淡路青少年交流の家(担当:麻植、郡、山形)

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39

Tel:0799-55-2696 FAX:0799-55-0463

 

「うずしお交遊塾」 一足早く始まりました! 

2017.01.26

 小学生を迎えての「うずしお交遊塾」は1月26日(木)からですが、大学生・高校生のボランティアリーダーの事前研修会として一足早く「うずしお交遊塾」がスタートしました。

 

セッション1では、「ボランティアって何?」というテーマで、みんなでいろいろな意見を出し合いました。Q1「ボランティアって何??(一言で!!)」、Q2「体験活動のボランティアリーダーはどんな人??」などのテーマについて、自分の考えや思いを素直に発表しました。

時間が進むに連れて、自分のやりたいボランティア像がはっきりしてきたのか、早く子どもたちとかかわりをもちたいという意欲が伝わってきました。

 

また、セッション2では、26日(木)に行う「アイスブレイク」(緊張をほぐし、仲良くなるための活動)について、練習!?しました。

「みんなの緊張を解きほぐしたい!仲良くなりたい!」とみっちりと練習するはずが、ついつい楽しんでしまい思わず盛り上がってしまいました。(職員もいっしょに楽しんでしまって、写真を撮るのを忘れてしまう程・・・)

 「いよいよ明日から!」、ボランティアリーダーの気持ちが一つにまとまった研修会となりました。

koyujyuku1-2.JPG

 koyujyuku1-1.JPG

 koyujyuku1-3.JPG

koyujyuku1-5.JPG

おーいえー

#体験の風

 

 

【施設の様子】講堂をワックスがけしました

2017.01.24

寒い日が続きますね。

施設整備として、今回は講堂のワックスがけを行いました。

kodowax1.JPG

一人がポリッシャーをかけ、一人が剥離剤を寄せ、一人が水ぶきします。

講堂は広いのでやりがいがありますが、息の合った連携プレーで全面ワックスがけできました。

kodowax2.JPG

朝から作業を始め、夕方にはつやつやのピカピカ!

kodowax3.JPG

電灯だけでなく、徳島に沈む夕日も床面に映っています^^

ピカピカになった講堂で、皆様のご利用をお待ちしております♪

 

(やっぱりヘトヘトになった)しげのぶ

 

 

 

 

 

企業・大学生のみなさん向けのチラシ完成しました。

2017.01.23

企業・大学で研修を考えている皆様向けにチラシが完成しました。

職員みんなで意見を出し合いこんなステキなチラシになりました!!

 

20170123chirashikansei.jpg

 

※ちなみに作ったのは、この職員ではございません。

 

写真にインパクトがあり過ぎて伝わらないという方は、

>>>こちらからダウンロードできます。

 

これから合宿・研修を考えている方、ぜひ淡路青少年交流の家をご利用ください。

 

 

きっかわ

 

「運動遊びを親子deちゃれんじ」を実施しました

2017.01.22

みなさんこんにちは。

1月22日~22日に、「運動遊びを親子deちゃれんじ」を実施しました。

21家族68名の方々にご参加いただきました。

 

1日目はNPO法人生涯学習サポート兵庫あそびクリエーター「よっしー(堀 良尚さん)」に、親子で触れ合いながらの運動遊びや手遊びをしてもらいました。

身体をほぐすだけでなく、子どもの耳元で優しい言葉をささやくなど、親子でのやりとりを大切にしながら進めてくださいました。

初めは照れくさそうにしていた子も、活動が進むにつれて笑顔がこぼれたり、自分を出したりすることができていたようです。

20170121~22_oyakode01.jpg 親子de_2.JPG

その後、たくさんの段ボールを使って、様々な遊びに挑戦してもらいました。タイムや得点を競う中で、自然と身体のあちこちを使ってもらいました。

子どもと一緒になって動いていたお父さん、お母さんは、明日筋肉痛かもしれませんね。

親子de_3.JPG

そして夕方からは親子が別々の活動をしました。

子ども達がボランティアのお兄さん、お姉さんと遊んでいる裏で、保護者の方々には子育て交流会に参加していただきました。

交流会では、NPO法人ソーシャルデザインセンター淡路の木田 薫さんを講師にお招きし、「我が子がどんな大人になってほしいか」や「子育てに関する悩みや疑問」について語り合いました。

また、木田さんやボランティアスタッフには、絵本の読み聞かせもしてもらいました。

子ども達は「これ知ってる!」とか、「あれ読んで、これ読んで」と止まりません。絵本の世界を心から楽しんでいる様子でした。

親子de_4.JPG 親子de_5.JPG

 

2日目は、段ボール迷路に挑戦したり、キャタピラや段ボール積みをして遊びました。

前日と違う遊びが用意されていたため、子ども達も新鮮な気持ちで楽しんでくれました。

親子de_6.JPG 20170121~22_oyakode02.jpg

さらに、親子で別れてそれぞれ『段ボールを使った遊び』を考えてもらうことにもチャレンジしました。

こういう時、子ども達は本当にすごいですね!大人が用意していたものを、次々と自分なりにアレンジして楽しんでしまいます。

保護者の皆さんも、「自分の子どもがどんなものなら喜んでくれるか?」に頭を悩ませながら遊びづくりをしてもらいました。

私たちが想像していたよりも迫力のある遊具が段ボールで作られ、子ども達も目を輝かせながら遊んでいました。

やはり親が本気で作ったものには、子どもも素直に良い反応を見せてくれるのだなと改めて実感することができました。

参加者の皆さん、本当に素敵な時間をありがとうございました。

20170121~22_oyakode03.jpg 親子de_8.JPG 

20170121~22_oyakode04.jpg

親子事業も回数を重ねてきたことで、子どもだけでなく保護者同士も親しくなってきており、交流が広がってきているのを感じます。

今年度最後の親子ちゃれんじは、3月19日(日)~20日(月・祝)を予定しています。内容はまだ未定ですが、また新たな交流が生まれることを楽しみにしています。

 

やまさき&ひらもと&こおり&しもなか

#体験の風

 

【おやこでチャレンジ!ひょうご体験の風をおこそうフォーラム】開催しました!vol.3

2017.01.15

(前回投稿の続きです)

1/15(日)、こべっこランドカルメニで「ひょうご体験の風をおこそうフォーラム」を開催しました!

今回はまなびのテーマパークのステージについてです。

まなびのテーマパークとしては6個の体験ブースコーナーがありましたが、特設ステージでのパフォーマンスも見応え抜群でした!

おだやよいさんによる「バルーンパフォーマンス」!お客さんとの掛け合いの中で、あれよあれよという間に色々なバルーン作品が出来上がっていきます。

20170115_kobeforum_yayoi.jpg

1月らしく、1富士、2にわとり、3なすびなど、お正月?をモチーフにしたオリジナルバルーンや、昨年大ブレイクしたPPAPも飛び出しました。

続いては、兵庫県立考古博物館による「紙芝居」!

20170115_kamishibai.jpg

 

「ねずみのすもう」はお餅が食べたくなりますね・・・。

続いては、あつみゆうすけさんによる「歌っておどろう!あおにいの歌のステージ」!

 

20170115_utanooniisan.jpg

 

みんなが大好きな曲に合わせてうたって踊って、いっぱい身体を動かすステージでしたね^^

続いては、岸田典大さんによる「びっくり絵本パフォーマンス」!

 

20170115_tenndaisan.jpg

 

お馴染みの絵本や初めて見る絵本が様々な音楽にのって、ぐいぐい魅せられていきます。

谷川俊太郎さん作の絵本「これはのみのピコ」の読み聞かせに合わせた、やよいちゃんとのバルーンコラボも圧巻でした!

 

20170115_korabo.jpg

 

最後は国立淡路青少年交流の家による早寝早起き朝ごはん体操をみんなで行いました!

 

20170115_hayane.jpg

 

早寝早起き朝ごはん体操、みんなバッチリでしたね^^

今回のフォーラムは、コンサート、体験ブース、ステージと盛りだくさんの内容でした。

たくさんのご参加、ありがとうございました^^

  

やまもと、きっかわ、しもなか、やまさき、しげのぶ、まきやま

 

#体験の風

 

【おやこでチャレンジ!ひょうご体験の風をおこそうフォーラム】開催しました!vol.2

2017.01.15

(前回投稿の続きです)

1/15(日)、こべっこランドで「ひょうご体験の風をおこそうフォーラム」を開催しました!

今回はまなびのテーマパークについてです。

当日はこべっこランド7階ホールにてコンサートが上演されましたが、同研修室や近隣の商業施設カルメニにて「クラフト」「遊び」などまなびのテーマパークとして6個の体験ブースコーナーが出展され、おやこで楽しめる内容が盛りだくさんでした。

コマ作りや面白コマ体験など懐かし遊びを体験できる「兵庫県立こどもの館の〝親子で体験 伝承あそび〝」、

(写真)

弥生人のくらしを人形遊びで楽しめる「兵庫県立考古博物館の〝弥生ごっこ〝」

20170115_yayoi.jpg

カードを引いて同じ虫を見つけちゃおう!「兵庫県立人と自然の博物館の〝むしむしみっけ〝」

20170115_mushimushi.jpg

かいこのまゆを使った珍しい遊びを楽しめる「キッピー山のラボ(三田市有馬富士自然学習センター)〝まゆだまころころ〝」

20170115_mayudama.jpg

などなど、様々な体験をおやこで楽しめるコーナーでした!

 

研修室は体験ブースにとどまりません!次回、「体験ブースのステージ」編に続きます。

 

やまもと、きっかわ、しもなか、やまさき、しげのぶ、まきやま

 

#体験の風

 

【おやこでチャレンジ!ひょうご体験の風をおこそうフォーラム】開催しました!vol.1

2017.01.15

寒波が到来し雪がちらつく1/15(日)、寒さに負けず色んな体験を楽しんじゃおう!ということで、「体験の風をおこそうフォーラム」を開催しました。

 

昨年は明石市で開催しましたが、今年は神戸市での開催。

「フォーラム」というと「研究会」や「座学」の印象を持たれるかもしれませんが、このフォーラムは親子で楽しめるファミリーコンサートまなびのテーマパークの二本立ての体験型イベントです^^

 

内容も大充実の盛り沢山なので、複数回に分けて書かせていただきます!

 

今回は、ファミリーコンサートについてです。

 

うたとあそびのぶんちゃか座」さんによる、「オッチョコ海賊団と宝箱のカギ」というファミリーコンサートを上演いただきました!

 

20170115_famikon1.jpg

 

ファミリーコンサート中に突如あらわれた「オッチョコ海賊団」。宝箱をみつけたけれど、「カギ」がかかっていて開けられない!カギを開けるために必要なものとは・・・!?という内容です。

うたや遊び、パネルシアターなど親子で一緒になって盛り上がるコンサートでした。

 

20170115_famikon2.jpg

 

ただ楽しく終わるだけではなく、「保護者や子どもに伝えたいメッセージ」が含まれた、ホロリとする内容でもありました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!

 

(次回 体験ブース編に続きます)

 

やまもと、おえ、きっかわ、まきやま、しげのぶ

 

#体験の風

 

【施設整備の様子】グラウンドに「にがり」を撒きました

2017.01.12

淡路島も冷え込みが強くまり、最低気温がマイナスを記録する日も近そうです。

本日は寒さに負けず、職員総出でグラウンドに「にがり」を撒きました!

20170111_nigarimaki2.jpg

20170111_nigarimaki3.jpg

20170111_nigarimaki4.jpg

グラウンドに「にがり」を撒き、トラックで均等にならしていきます。

にがりには滅菌・除草だけでなく、砂埃をおさえたりゆるんだ土を引き締めたりする効果があります。

相撲の土俵ではありませんが、新年を迎え清められたグラウンドで、身体をいっぱい動かしてみませんか?

スポーツでのご利用もお待ちしています!^^

 

(正月太りをグラウンドで解消したい)重信

 

 

「卓球クリニックin淡路」を開催しました。

2017.01.04

皆さん、明けましておめでとうございます。

本年も国立淡路青少年交流の家をどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、早くも2017年の事業がスタートしました!

今年の1番目にある事業は、今回で3年目になる「卓球クリニックin淡路」です。

講師に神戸松蔭女子学院大学卓球部の寺田愛先生をお招きし、約230名の参加者とともにクリニックが開かれました。

 

DSC_5813.JPG DSC_5877.JPG

 

1日目は『試合に勝つためには』というテーマのもと、「そのために自分にはどんな技術が必要か?」、「どんな練習をする必要があるか?」などを、実演を交えながら解説していただきました。

その中で、立つ姿勢から、細かいラケットの使い方まで、丁寧で分かりやすい説明をしてもらいながら進行していきました。

参加者の皆さんはそれらを聞き逃すまいと、熱心にメモを取りながら食い入るように講習を受けたり、すぐにラケットを振ったりして動きを確認していました。

夜には技術講習会を実施し、参加者それぞれが学びたい技術に分かれて練習に打ち込みました。

 

DSC_5930.JPG DSC_5905.JPG

 

2日目は、「自分の武器は何か」という話から始まり、様々なサーブの打ち方だけでなく、足さばきやラケットの動かし方など、実に細かく説明をしてくれました。

その後はサーブレシーブからの3球目に攻める練習と、試合形式での対戦を行いました。

参加者と運営スタッフの大学生・高校生が休む間もなく対戦し、試合が終わるたびにスタッフの方からアドバイスをもらったり、質問をしたりしている参加者の積極的な姿が印象的でした。

 

DSC_5970.JPG DSC_5984.JPG

 

未来のオリンピック選手がこのクリニック参加者から出ることを、職員一同期待しています。

また、明日からは淡路カップという大会も開催されます。参加者の皆さん、大会も含め今年一年も頑張ってください。

 

やまがた&こおり

 

#体験の風


go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.