スタッフブログ
バックナンバー
スタッフブログ / トップページ

 

「映画を創ってみよう!!」

2019.07.17

7/137/15にかけて「映画を創ってみよう!!」を実施しました!

今年のテーマは『迷惑をかけることとは?~自分だけが良ければいいか?人のことも考えてあげられるか?~』と難しいテーマです。仲間と力を合わせて、3分間のショートmovieを作成しました。 

まず1日目は、ストーリーを創りシナリオを考えます。

撮影場所はどこにするのか、監督・役者・スタッフ・カメラマンをだれが担うのか、話し合って役割分担を決めました。机に向かって、ひたすら場面設定やセリフを原稿用紙に書き込む頭を使う作業です。

1.png

















2.jpg





















そして2日目は、ビデオカメラと機材と台本をもって、各班分かれてロケ地へ向かいました。撮影途中から雨が降り始めましたが、雨の中も負けずに撮影を続けていました。

どの班も、より良い作品になるように意見をぶつけて試行錯誤を繰り返します。

3.jpg
















4.jpg
















5.jpg


















6.jpg


























そして夜から3日目の午前中までは、完成に向け編集作業を行いました。

音響や照明など専門的な機材を使いながら特殊な場面の撮影や効果音、アフレコを入れました。

トラブルもありましたが、最後まであきらめず、無事に完成しました。

7.jpg


















8.jpg






















そして午後からは完成試写会です。

班ごとに作品のあらすじや見どころを発表して上映しました。

上映後は他の班から感想をもらい、班のサポートをしてくれたボランティアから頑張っていた点を発表してもらいまし。最後に講師の藤岡先生や馬田先生から講評をいただきました。

9.jpg











10.jpgのサムネイル画像





















短い期間ではありましたが、沢山のことを学び経験したことで子供達の心が少し成長したと思います。

全ての作品を見終わったあと、やりきったという達成感がよく伝わってきました。

そしてボランティアと離れるのが少し名残惜しそうな班もありました。

 

どの班も完成度が高く、うずしお子ども映画祭やアジア国際子ども映画祭の結果が楽しみです。

11.jpg





















皆さん、3日間ありがとうございました。

んのすけ&きゃあ

#体験の風

 

ロシア・ハバロフスクからの皆様

2019.07.13

兵庫県と友好提携を結んでいるロシアのハバロフスク地方から、「ひょうご・ロシアハバロフスク少年少女交流事業」という事業の一環として、13人の方が国立淡路青少年交流の家に来られました。
この事業は平成18年から続いている事業で、ロシアハバロフスク地方と兵庫県の少年少女の交流事業を通じて、国際的な視野をもつ青少年を育成するとともに、兵庫県とハバロフスク地方の友好親善を図るという目的があります。
今回、8日間の滞在のうち2泊3日を、こちらの施設で過ごされました。

初日は忍者体験をしました。
忍者の衣装に着替え、折り紙の手裏剣を投げたり、綱渡りをしたり、バルーンの刀でチャンバラをしたりしました。
みなさん忍者の衣装を気に入って下さったようで、何度もポージング&写真撮影をしていました。
P7110011.JPG


2日目は、阿万海水浴場での海水浴!内陸のハバロフスクのみなさんは海にあまり馴染みがないため、眼前に広がる海水浴場に大興奮の様子でした。
ひたすら泳いだり、水鉄砲を撃ちあったり、浜辺に横になって読書をしたりと、思い思いの時間を過ごされました。
P7120018.JPG

午後からは、ジョイポートさんにお邪魔し、うずしおクルーズに出かけました。
大きな渦潮の迫力や、落差のある海面に驚かれていました。
引率の方にとっても興味深かったようで、「これまでいろいろな場所に出かけたが、最高にファンタスティックであった。」
とのお言葉をいただきました。
P7120021.JPG

夜は阿万海水浴場に戻って、ウミホタルの観察をしました。
この日は風もなく、絶好の採取日和だったこともあり、事前にしかけていた容器を海中から引き揚げると、たくさんのウミホタルを採取することができました。
ハバロフスクの方々は、神秘的に青白く光るウミホタルに、興味津々!
手に取ったり、指でつついたり、ウミホタルについて質問したりと、初めて見るウミホタルを堪能していました。

3日目、お別れの会では寄せ書きのプレゼントをいただき、集合写真を撮りました。
団長様からは、心温まるお言葉をいただき、感謝の気持ちで一杯です。
P7130027.JPG

淡路島で過ごした2泊3日が、みなさんの思い出に残るものになれば幸いです。
今後のみなさんのご活躍をお祈りしております。
3日間、どうもありがとうございました。

また、兵庫県教育委員会の皆様、嬉野台生涯教育センターの皆様には大変お世話になりました。
この事業に関わらせていただき、ありがとうございました。

(ハバロフスクに行きたくなった)たむたむ

 

‟虫の成る木"がもう1本存在した!?

2019.07.09

このブログやfacebookにも何度も出てきている国立淡路青少年交流の家の‟虫の成る木"について続報です。

職員が、ウルシやニセアカシアといった危険な樹木を剪定していると、どこからか、バナナの発酵したような樹液の匂いがしてきたそうです。
もしや!?と職員が駆け寄ると、そこには夏の王者が堂々と樹液を吸っていたそうです。

ついにきました。
カブト.jpg
カブトムシです!!
カブト2.jpg
クワガタのシャープなフォルムも格好いいですが、カブトムシの力強さもたまりません。

職員に聞くところによると、その木には何匹ものカブトムシがとまっていたそうです。
樹液も出ており、まさに国立淡路青少年交流の家‟虫の成る木No.2"といったところでしょうか。
私も退勤後に確認に参ります!

9月21日(土)~22日(日)に「親子ちゃれんじ③~むしむしキャンプ~」を予定しています。
虫を捕まえたり、専門家に虫のことを詳しく教えてもらったりする予定です。
近日中に要項やチラシを公開しますので、ぜひぜひご参加ください!!

(最近虫のネタばかりな)たむたむ

 

虫の成る木2019~その2~

2019.07.05

前回、当施設の‟虫の成る木"を紹介しました。
その時はカナブン2匹という寂しい結果でしたが、今日は大物が姿を現してくれました。

じゃじゃん!
ヒラタ.jpg
この日‟虫の成る木"にとまっていたのはヒラタクワガタ!!
しかもかなり立派なサイズです!
無題.png
私の指と比べると大きさがわかると思います。ざっとみて5cmはあったかと思います。
私がこれまで見たクワガタで一番大きなサイズでした。
捕獲したい気持ちをぐっとこらえて、撮影のみにとどめましたので、施設をご利用のみなさんは‟虫の成る木"を探してみてください!

また、9月に「親子ちゃれんじ③~むしむしキャンプ~」を予定しています。
虫を捕まえたり、虫の専門家に教えてもらったりする予定です。
近日中に要項やチラシを公開しますので、ぜひぜひご参加ください!!

(すっかり虫の虜になった)たむたむ



go to top

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
TEL 0799-55-2695 FAX 0799-55-0463
このサイトはInternetExplorer/Firefox/Chrome/Safariの
最新バージョンで動作を確認しております。

Copyright © 淡路青少年交流の家 All Rights Reserved.